里帰りしない出産をすることにした。

夫も私も田舎育ち。互いの両親が遠方。今も現役で働いてるということで、旦那と二人三脚で里帰りせずに産むことに。20代前半夫婦。マタ友が身近におらず、出産育児経験ナシ・情報はほとんどGoogle先生からの中、日々奮闘しています。

保育園入園のため区役所へ

 

 

9/8

 

産休でだらけないように毎日平日しかできないことを何かしよう!と決めています。

 

この週は主人の誕生日があったり、

9/8〜9/10にかけて主人の友人やお義父さんが泊まりに来るので家の片付けなどしていて、他の時間はお家でバタン。

出かける気にはなれなかったのですが、この日だけは行ってきました!

 

 

区役所へ!!!

 

 

うちの区は県下でも一番待機児童が多いと有名で・・かなり激戦なのは重々承知の上です。(ー ー;)

 

主人私ともに実家が遠いので、

じいじやばあばに代わりにお迎えに行ってもらうということは到底できません。

 

なので、そんなに早く職場復帰するつもりはなく。

この10月に産まれる長男が1才4ヶ月になる2019年4月に復帰するつもりで話を聞きに行きました。

 

うちの区は第1期の募集が10月に始まるんですが、来年から入る気がない私には関係ないんですけどね。

乳幼児を連れて区役所にお話聞きに行くのも難しいだろうな〜というのも先行して区役所に出向いた理由の一つです。

 

わかったことをまとめると…

・うちの加点は現時点で「4点」

・↑これは平均。他世帯と差がつかない

・あとは年収次第

 

・今後さらに加点を狙うなら

①無認可に入所させる

①'認可の短期入所(〜2才までしか受け入れない)の園に入れる

②育休を取り続ける、それでも保育園に入らない実績を作る(仕事を絶対に辞めない。退職したら保活はかなり不利。)

③兄弟同時入所を狙う

 

こんなところでした。

産休中何度も区役所に通わなきゃ〜

日本死ねの某ブログでおっしゃられてたように、区役所の方と顔見知りにならなきゃ〜…なんて思ってたんですが

点数と年収がモノを言う世界。しかもそんなに簡単に(例えばポイントカードのポイントを加算するかのように)加点稼げるようなもんじゃない。のでやれることはあんまり無さそうでした。

 

私的には努力がモノを言う世界でない方がやれること少なくてシンプルでよかったかな!と安心しました。

入りにくい現状は依然として変わらないんですが・・・

 

まず、4点という今獲得できている加点の内訳は親がフルタイムで働いてるかってことです。

その点においてうちの子は両親フルタイムになるので2点の加点が二人ぶんで4点です。

 

でも保育園入りたい人って大体は共働きだからこれだけじゃ差がつかないということですね。^^;

あとは・・・ひとり親世帯であったり、どちらかの親に障害があったりしないといけないんだそう。

 

うちは、どっちも田舎育ちで頼れる家族が身近にいないんだけどなー・・

こっちでずっと暮らしてて地元がココって人よりは保育園必要としてるんだけどな・・!と思ったのですが。

祖父母が近くに住んでいる場合に−1点として計算するんだそう。

うちはそのマイナスがないだけで、プラスにはならないということですね。。

 

無認可への入所について。

これは保育料が5〜7万と認可と比してやっぱり高くて今の家計の状況的に考えられないとお伝えしました。。

ですが、うちの自治体は3才以下の認可に入りたかったのに止むを得ず無認可に入る子供がいる世帯に1〜2万の補助金が出るんだそうで!

それで料金下がると考えると認可と変わらないですよ!と言われました。

 

それなら、アリか〜〜!と思ったんですが、

・大体3才から保育料はガクッと下がるのに無認可だと高い保育料は変わらない。かつ補助金は出なくなる。

・無認可から認可に3才の段階で入り直せたとしても、親も子供も人間関係をリセットしなければならない。違う園に通う移動の手間や新しいルートに馴染むことも必要になって来る

・無資格の保育補助さんも働いており、認可のように栄養士さんがいたり全員が有資格者だったりと基準が満たされていない園もある

 

…とやっぱりデメリットがありまして。

無認可に入れて加点を狙うってことはやっぱりうちはしないと思います。

 

①'の短期入所の園というのは・・!

認可の基準を満たしているが小規模で園庭がなかったり、2才までしか受け入れてないというところで。

他の認可の園よりも不人気なんだそう。ですがうちから一番近い園がこの形態をとっているところだったので興味がありました!通わせてお迎え一番楽なのはそこだったので。

保育料も認可に準じてて安いのになぜ不人気なのか伺うと、やはり3才になる前に転園しないといけないのが大きいようです。環境が変わるのはママや子供にとってもストレスですし、一番の理想は1才から通い慣れた認可保育園にずっと通い続けることですもんねー。

周りは人間関係が出来上がっているところに親子共々入っていくのはストレスになりますよね。

でも、そのデメリットに負けないメリットもあります!

・連携している認可保育園に3才前に優先的に転園させてもらえる(必ずではないし、その園が自宅から通いやすいかはわからない)

・連携園がない場合は5,6点かなり高い点数を加点してもらえるため、認可園の選考で非常に有利になる

ということもあるそうです。

 

理想はあれど、激戦区であれば妥協も必要。

何を選ぶか、役所にどの選択肢で選んでもらえるかは申請してみて次第ですからね。

保活もやっぱり作戦立ててやってかなきゃいけないですね!

入れてもその園に通えるか、お迎えいけるか、家計が持つかという色んな問題があるから、どこでもいいから入れればいいってわけでもないですからね。

 

次に、年収について。

年収は前年の所得を元に計算されるんだそう。

2018年春からの選考に用いられるのは、2016年4月〜2017年3月の収入というわけですね。

その基準だとちょうどそのタイミングで主人が昇級してしまっていたので・・そこは少し不利なんですが、配偶者である私が非常勤から正規職員に上げてもらったばかりでフルタイムとして一年目の大して高くない、なんならフルタイムのなかでは最底辺なのではないか!?ぐらいの低い年収を用いることができそう!なんです。苦笑

 

今年は半年しか働かずに産休に入っており、出産に関わる一時金や手当は収入に入らないので

一年目の給与より更に減る!

だから2019年春の入所には更に有利になるのでは・・!と思ったんですが、、それは違うそうです。だよね。ε-(´∀`; )

 

そのパターンだと、2019年春入所の選考には私の2016年4月から2017年3月までの年収が適用となるそう。

産休に入る前、しっかり1年間働いてたときの年収ってことですね!

 

まあ、それでも正規職員に昇級したての私の給与は全然高くないので、これがアドバンテージになることを祈っております。。!!

早く結婚して子供産んでよかったと珍しく思えました。普段は頼れる人もいなかったら、周りに既婚者がいなくて無知で困って泣きべそかきながらグーグル先生に教えてもらったり、母親学級も年上の落ち着いたお姉さんが多くて場違いかなーと疎外感や不安を覚えることの方が多いので・・。

 

自治体主催の母親学級の年齢層的にも私よりお姉さんの方の方が多かったので、その方々がパートでなく正社員だった場合、私より年収は確実に高いはず!

ここでどうか差がつきますように・・

 

最後に兄弟加点について。

やっぱり、一人入園させれば働きに出れる人と、二人とも入園させられなければ復職できない人では差がつくそうです。

 

うちはこの1点の加点のために長らく育休とることになりそうです。

元々子供は20代で3人産みたいと思っていたので家族計画的にも二人目はそんなに空けたくなかったのが大きな要因ですが、それで保活も楽になるならそうしようと。

この秋に産まれる息子が3才になる前に二人目を出産しておけば、3才以降は入れる保育園の幅が広がります。

兄弟加点もつきます。

ただし、0才を入所させる場合、4月入所時点で生後5ヶ月経ってないと大体の保育園は入れないんだそう。

 

4ヶ月以下でも入れる保育園もあるにはありますが、少ないので・・どうしても復職したいママさんたちが殺到するらしくかなり激戦らしいです。

なので、うちの子は今年は応募しないものの、出産予定日が10月末なので超過して11月に産まれようものなら、4月時点で5ヶ月に達していないため、ほとんどの認可園に入れないということらしいです。

 

そのために考えて妊活しよー!と思うほど切羽詰まって入社させたいわけじゃないけど、産まれる時期ってかなり重要ですね。作戦立ててやってかなきゃいけなちご家庭も沢山あるんだろうなと…今回初めて区役所に行っただけでも考えさせられました。

 

兄弟で入れる際に、さらに言うならば

○できるだけ兄弟同じ園に入れて欲しい

○園はバラバラでもいいから希望順位の高い園に入れて欲しい

と二つ項目があって、どっちを選ぶかによってどこの園に振られるか決まるからそこも難しい選択なんだそうです。

 

そんなの兄弟同じの方がいいに決まってるじゃないかー!と安易に考えてましたが、

兄弟同じ園であることに拘るとあまり保育の質が良くなかったり、家から遠かったりする園・・・要するに不人気な?とこに振られる可能性もあるそうで。

その選択一つも難しいなーと思いました。

 

でも、うちは兄弟同時入所の1点加点を狙って職場復帰するかなーというのが今の見通しです。

 

サイトで見て加点のことなど知ってましたが、区役所で担当者さんと話して初めて知ることが多くありました。

認可園のリストや認証園の概要がまとまった書類をもらえたり、やはり一度は足を運んでよかったなーと思ってます★

ただ単に厳しいー 激戦区だー とイメージしかなかったけど、どうすればその激戦を突破できるのか考える材料ができました。

 

保活するのは再来年以降でまだ先だけど、産前に区役所に出向いてみて私はよかったです。(^_^)☆

 

 

 

陣痛アプリ

 

 

今週初めに最後の母親学級があり、夫ともに受講してきました。

 

内容は「分娩」について。

そこで一番大事なポイントと言われたのが「病院に電話をかけるタイミング」

 

・初産婦は陣痛が5〜10分おきに来るようになったら

・破水があったら

・出血があったら

 

大きく3つでした。

 

本陣痛の前に前駆陣痛があるということは知っていたのですが、

前駆陣痛がお腹が張るだけの人もいるようで・・妊娠初期から度々お腹が張るので張り自体には慣れてたのですが、

妊娠も後期に入り、前駆陣痛の現れ方が張りのみという人もいることを知ると、一人でお腹が張った時「ここから本陣痛になるの・・?」と不安になりました。

 

妊娠も9ヶ月目に入り、早産で出産した叔母や経産婦の方々から「まだ生まれないって油断しちゃダメよ」というありがたきご忠告を度々受けるので・・

ついにダウンロードしました!

陣痛アプリ!!

 

調べたら色々あるんですね〜

どれも機能はシンプルで、陣痛がきたら画面をタップ。タップした時間を記録してくれるというものです。

cvsファイルにしたらpcに送れるという機能がついているものもありました。(その昨日どういう時に使うのかな)

 

どの陣痛アプリも「陣痛が終わったタイミング〜次の陣痛の開始」の時間を記録するものだったんですが…

私がGoogleで調べた限りの情報によるとこの間隔の測り方は誤っているそうで!

 

本当は間隔というのは、

「陣痛が始まったタイミング〜次回陣痛の開始まで」を指すんだそうです。

例えば…

陣痛開始から終了時間

第1回目 13:00〜13:08

第2回目 13:20〜13:27

↑だとすると、①の開始から②の開始までは20分。間隔は20分とするそうです。

 

この例であれば13:08〜13:20の12分間を間隔とすると思っていた私。。

母親学級でも正しい間隔の計り方は教えてもらえなかったので自分で調べてよかったです!

 

12分と20分ではだいぶ違いますよね。

 

私が誤認してた計り方をしているアプリもあって・・正しい計り方で間隔を算出してくれるアプリが「陣痛時計」というアプリでした!

 

「陣痛きたかも」やたまひよが使ってるアプリより必要最低限のシンプルさがウリなようで可愛くはないんですが、

初産、里帰りもしない、初めての陣痛をたった一人で迎えるであろう私はシンプルで正確なものが一番いいと思いこれにしました。

 

出産時しか使えないアプリなので、産んでしまえば第二子まで用はないのでしょうが・・(^^;)

 

自分でストップウォッチ使って間隔計るより勘弁で、誤差も少なく済むし、記録も勝手にしてくれていいですよね★

産休中一人で過ごしてて一人で病院に向かう可能性が高いなら尚更★

 

たかがアプリ一つですが、こだわって調べてみたのでどなたか参考になればと記録しておきます。

 

 

今日は保活のため、はじめて区役所に行ってきたので次の記事ではそのことについて書こうと思います。

 

 

 

 

産休突入

 

 

8月いっぱいで産前の勤務を終え、無事に産休に入ることができました。

 

無理するなといくら言われてもせざるを得ない時がやっぱりあったので…切迫早産や妊娠悪阻で早期離脱することにならないか検診のたびにヒヤヒヤでしたが、なんとか最終勤務を終え長いお休みに入ることができました。

 

ワーキングマタニティとして働く中で大変だったことや、エピソードを記録して残しておこうと思います。

 

◯大変だったこと

 

・通勤

やっぱり通勤は最初から最後まで大変でした。

妊娠初期から吐きつわりがあったので、まず吐かないようにどうやって職場にたどり着くのか…車通勤なら助手席にバケツを置いて吐きながら出勤できるそうなんですが、電車で1時間と車では到底通勤できない。そもそも車持ってないという環境。

 

最寄りから乗り換え駅までは電車にトイレがついてませんでした。

なので、飛行機によくある染みない加工の紙袋を常時持って、駅のトイレに間に合わなかった時に吐けるようにしていました。

 

乗り換えてからはもちろんトイレがある車両の近くに乗るようにしてました。

幸い?通勤中に吐くことは一度もありませんでしたが、嘔吐が繰り返され徒歩10分以内の駅近の家からですら駅にたどり着くことが困難で、嘔吐がひどいときは仕事を休んでいました。

おかげで有給がほとんど無くなりました。。20日以上あったのが、妊娠初期を終えると7日くらいしか残ってなくて・・14日も消費してしまいました。

 

妊娠初期の悪阻の時期を終えても、座れないことは産休に入るまでとても辛かったです。

これはワーキングマタニティの皆さんどなたも経験していますよね…。

譲ってもらって当たり前なんてことは全く思ってなくて、譲ってもらえたら嬉しいよりも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

私自身、妊娠前は優先席に座ることがそもそも申し訳なく、体調が悪くて優先席しか空いてなくて止むを得ず座ったときは、妊婦さんや高齢者が来たらすぐに変わらなきゃと視線をキョロキョロさせながら周りに注意して座ってました。

普通の席に座っててもマタニティマーク見ればすぐに席を譲っていました。

妊娠前に自分が譲っていた分、立場が逆になって自分が妊婦になった途端全然席を譲ってもらえなくて、世の中冷たいなぁと絶望してしまいました。。こんな社会で我が子を育てて行くのかと、仕事以上に通勤が辛かったです。

 

立ちっぱなしで股関節や膝、腰、が痛くなることはまだ耐えられましたが、

貧血を来しやすくなることは耐えられなくて、目の前が真っ白になってその場に座り込んでしまうこともありました。

貧血からくる吐き気を来すこともありました。吐きそうでおりたくても今にも倒れそうなぐらいフラフラしてるし、車内も混雑してて搔きわける元気もないしと本当に地獄でした。

仕事よりも通勤が辛かったです。

 

この貧血症状がではじめたのはお腹が大きくなる前からです。

マタニティマークつけてなければ妊婦とわからないほど初期からこの症状はありました。

私はお腹があまり目立たなかったのも災いしてたと思いますが、通勤の時間の混雑具合だと人が密集しててお腹が見えなかったり、マタニティマークが見えないってこともあるんですよね。

かといって、自分から「妊婦なので変わってください」「貧血で倒れそうなので席譲ってください」なんて図々しいよなと思い、いくら我が子のためだとしても言えませんでした。

主人にはいきなり座り込んでその上に人が倒れて来たら危ないから譲ってもらうようにお願いしないと!と、それがお腹の子を守ることにも並んだからと言われてましたが、、どうしてもできませんでした。

 

なんとか症状を和らげるため、薬を処方してもらえないか主治医に相談もしましたが、血液検査では異常がなかっため、貧血の薬を出すことはできないと言われました。

でも妊婦は立ちっぱなしだとそうなってしまうから自分で変わってもらうしかないねと…それが出来たら苦労しないし、そんなに妊婦に対して理解のある社会じゃないんだよー。ドクター。泣泣

 

この記事を読んでくれた方に一番言いたい。

お腹が大きくない妊娠初期の妊婦でも悪阻の吐き気に耐えていたり、貧血で今にも倒れそうな人はいます。

マタニティマークをつけている人がいたら是非席を譲ってあげてください。

 

駅から職場までバスなんですが、バスは電車より遅延するのでバスの列に並びながら、ベンチもなくずっと立ちっぱなしで冷や汗、吐き気、意識が遠のく…と電車を降りても貧血を来して辛かったです。

 

また、バスは高齢者の利用が多いので、優先席に座っていて「若い人がこんなとこ座っちゃダメだよ」と怒られたことも一度ありました。

マタニティマークが見えるように座っていたんですが…高齢の方が気づける大きさではないか。。

言い返すこともできず、気弱な私はすみませんと謝り、怒られるがまま立ってバスに乗りました。フラフラしたり下半身の痛みに耐えつつ、バスに揺られ泣きたくなったのを今でも覚えています。

 

こんな世の中、少子化になっちゃうのもしょうがないよなーと実感する毎日でした。

ワーキングマタニティが乗り越えるべき壁がいくつも有り人一つが高すぎます!

 

・管理職の心無い言葉

私の部署は二人しかいません。

専門性が高く少数で運営してます。

昨年4月に私が赴任して相方と二人で回していました。

赴任早々、婚約者がいて年内に籍を入れるということを相方に伝えてました。

すると、相方は今月結婚する!ということで新婚同士で組むことになりました。

相方は私以外の職場の人には言っていないとのことでした。

私は相方に半年遅れ8月に主人と籍を入れました。相方から10月に妊娠の報告を受けました。

私も2月に妊娠し、管理職に報告しました。管理職には入籍してから度々子供は?と聞かれてました。(それがなかなか妊娠できないプレッシャーに拍車をかけられ、あまり聞いて欲しくありませんでしたが・・)でも毎月検査薬使っても判定は陰性で、結婚してすぐから妊活始めてましたが半年できなかったので「なかなか難しいです」ということは言ってありました。

聞かれたから素直にそう答えていたのですが、その私のコメントが「こいつはまだ妊娠しない。大丈夫」なんて思わせてしまっていたのか、そこは定かじゃありませんが、妊娠を報告した時「全然できないって言ってたのに嘘じゃないか」「二人職場で二人揃って妊娠なんて初めてだよ」と言われました。

相方が妊娠していたら、一緒に組んでる私は妊娠してはいけないの?先に妊娠できないと、自分の妊娠は諦めないといけないの?と思いました。

その間、避妊して一番若い妊娠しやすい時期を犠牲にして、いざ授かっても良いタイミングがきても、授かれなかった時あなたは責任取れるの?と思いました。

 

他にもお局さんに予期せず妊娠したと勘違いされており、無計画と言われたこともありました。

朝礼で結婚の報告もしていたのに…私が正社員として4月に採用され(それまでは非常勤でした)、妊娠が2月。だったので採用一年目で妊娠したから無計画にできてしまったと思ったようです。

私もさすがに一年目から産休に入るのは顰蹙を買うだろう、一年目の人の研修も終えてから産休に入ろうと思っていたので、2年目に突入してから産休に入れるよう計算して妊活を始めたんですが…妊娠すべきタイミングなど自論がある人からすると、その自論から逸れてることをしていたら目についてしまうんでしょうね。

どちらも退職間際のお二方でしたから今よりマタハラなど当たり前のように起きていた時代の方でしょうから、考えが私と違ってもしょうがないと飲み込みました。でも、辛かったです。

 

 ・重いものを持たざるを得ないとき

私の仕事は医療系です。でも医療系人材は同じ部署のもう一人含め二人しかいません。

そんな中で人が倒れたりすることもあります。他の職員は年一回訓練してますが、いざという時に救急処置できる人はほとんどいないので真っ先に出動しなければいけません。

人命第一に考えて出動要請がきたら「私妊婦なので誰か私の代わりに担架持ってってくださーい」なんて言う暇はありません。

さすがに人を乗せた担架を持つことはしませんでした。現場に到着する前に管理職にどこどこに人を集めてとお願いしてました。が、

でもそういうやらざるを得ないときの無理のせいでお腹が張って痛く、その後の仕事が手につかないというときがありました。有給もほとんど消化していたから、今後つわりで休むことを考えると、お腹が張ってるから早退とも言えない。出血してるわけじゃないしと、張りと痛みを我慢しながら出動しました。

 

いくら無理するなと言われてても、我が子のためにセーブして仕事をしたくても、それができない状況はワーキングマタニティの皆さん一度は経験したのではないかと思います。

 

・帰宅後の家事

ただでさえ疲れる仕事も妊娠してれば、余計に疲れやすさは増していて。

帰宅したらもうヘトヘト。そのままお風呂も入らず歯も磨かず寝てたなんてことはしょっちゅうありました。

 

旦那が家事にとても協力的だったので、家事が回らないということはありませんでしたが、ブラック勤めで帰りが遅い旦那に家事をやらせるのは本当に申し訳なかったです。

 

また、以前アスリートフードマイスター取得の記事の時にも触れましたが

マチュアですがハイレベルなところでスポーツをしているということもあり、家で栄養バランスが取れたご飯を作ってあげられず、買ったものばかりで済ませてしまうことがとても申し訳なかったです。

 

かといって無理して台所に立ってもお腹が張ったり、立ちっぱなしだから貧血になってしまったりと・・良いこと何一つありませんでした。疲れて眠い時は体の反応に素直に寝るのが一番ですね。

 

 

パッと浮かぶことで仕事しつつ大変だったことはこんな感じです。

 

ワーキングマタニティ未経験の人、男性の方、職場で管理職に就いている方の目にこの記事が止まって

そういう苦労があるのかーと知ってもらえたら嬉しいです。

ワーマタの生きづらさ、働き辛さが少しでも改善されますように。

 

 

 

 

禁煙のお店

 

 

 

無事産休に入ることができ、友人たちと遊び納めの計画は立て始めました。

 

 

プレママ、ママの皆さんはお友達と食事する時どうやって飲食店を探してるんでしょうか?

 

 

妊娠してから、胎児への副流煙の影響を考え、飲み会は大好きな口でしたが、職場の飲み会の参加を控えるようになりました。

気を遣って吸わないでいてくれる同僚もいたでしょうが、その気遣いが申し訳なく、また喫煙可能なお店で他の団体から煙が流れてくるのも耐えられない。

かといって、私一人が参加するせいで禁煙のみのお店を探してもらう苦労をかけてしまうのも嫌でした。

 

飲み会にも行かなくなり、友人と会う時も必ず自分がお店を探して、禁煙のお店を見つけても入らなければまたお店探しに彷徨う。しかも禁煙という制限付きでいつお店が見つかるか…と途方にくれることが考えられたので、

店探した予約を専ら自分で担うようになりました。

 

 

今、都知事の小池さんが禁煙の条例策定に向けて動いてくれてますが、

妊婦になってからほんとに痛感します。

禁煙のお店ってマジで無いです。

新宿で職場の飲み会を私幹事(これも妊婦だから立候補しました)で開いたんですが、もうなさ過ぎて喫煙可能なお店消去していって、お店が3つしか残らなかったっていう・・。

 

夜に誰かに会うとなると本当にほとんど吸えるところになりますね。

居酒屋という選択肢がなくなるのでだいぶ減ってしまいます。

 

なので、禁煙の法律がぜひ国レベルで制定されてほしいなーと

妊娠前より強く願ってます。

愛煙家の方には耳の痛い話でしょうが・・同じような苦労をしてる妊婦さん他にもおられるんじゃないかな。

 

 

皆さんどうやってお店見つけてるんですかね。リサーチに2,3時間ほどかかるため妊娠してから手間が増えたなーと思うことの一つがこれです。

 

 

 

 

息子、名前デビュー。

 

 

本日はいつも利用している航空会社の年末年始チケットの売り出し開始日でした。

 

10月〜11月には息子が生まれ、

私たちは3人家族になっているはずなので搭乗人数は3枚でチケットを購入。

幼児は料金かからないんですが、氏名は入れないといけないそうで!

まだ生まれてないし、厳密に言うと・・?無事に生まれる確実な保障もないといえばないのですが、かねてから主人と決めていた名前を入力し、チケットを購入しました。

 

今まで二人家族として主人の名前と私の名前が併記されることは何度もありました。

今月で結婚して一年経ち、それも見慣れて来ましたが、

購入確認のメールには3人の名前が併記されていて・・!

家族が増えるんだなーと言う実感がわきました!

まだ生まれてないけど、3人家族デビューです。息子の名前が世に初めて出ました。笑

 

 

ここからは余談ですが、本日の母体の様子を記録がてら。

今日も主人の試合があり、電車で1時間弱の会場へ。

今日の会場は空調が効いていて、いつも使っている施設より非常に快適でした。それもあって午前中から夜まで外出してましたが、お腹が張ることはなく、

やはりお腹の張りや体の疲労度に暑さは大いに関係するんだなーと改めて感じました。

 

会場にはもう臨月になっているであろう、同じチームの奥様もいらっしゃっていて・・!私も無謀な遠出は避けつつも、可能な限り生まれるまで見に来たいなーと思いました。

そのためにも臨月時に持ち歩くバッグの内容をGoogle先生に聞きつつリストアップしました。それはまた後ほど、臨月バッグが完成したらブログに載せます☆

 

お腹が張らなくてだいぶ楽でしたが、何もしてなくても脚はむくみますね。

 

今日は主人のチームの方とのご飯に連れて行ってもらった関係でお夕飯作りが免除になり楽チンでした〜。☆

昨日は試合前ということもあり、後期つわりで吐き気を患いつつ自分の体に鞭打って、玉ねぎの皮むきは主人にしてもらって、なんとか試合直前飯を作った(そして完成後駆け足でトイレへ・・妊娠後期に入ってから夜に吐き気がやって来てダメです。)ので、今日は非常に助かりました。

 

帰宅後も食器洗い、洗濯、これから私のマッサージまで主人が担ってくれ・・むくんだ脚を挙上しつつ、感謝の想いでいっぱいです。

 

里帰りしない ことは未だに反対されたり、大変だよ〜なんて言われたりしますが、日々のこういう旦那の行動が私たちなら大丈夫!と思わせてくれます。

 

やってみて大丈夫じゃなかったら大丈夫じゃなかったときまた次の手を考え出ます・・!頑なに「何が何でも二人で乗り越えてみせる!」とか、そんな気張ってるわけじゃないですよ〜。!

 

二人の子供だから二人で育てたい。

最初から自分の親に手伝ってもらうありきの考え方に私は至らなかった。というだけなんですけどね。

意地になっちゃダメよ〜なんて言葉もかけられるのですが、元々その発想に私たち夫婦が至らなかったというそれだけのことなんだけどな・・。少数派なのであんまりわかってもらえませんね〜。里帰りしない出産に関しては。

 

 

明日から三日間で産休前の勤務が終了!

月曜日やだー!明日から仕事だー!という日曜の夜も今日が最後です。

 

次、こんな気持ちになるのは何年後かな〜

 

 

 

 

生まれる前に資格取得

 

 

ひさしぶりのブログ更新。

 

ネタになることがあまりなかったので(^-^;

 

更新してない間にあったマタニティ関連の話題ハイライト。↓

・仕事が閑散期に。その間がっつり引き継ぎ準備

・お盆を利用し結婚式(2回目)。切迫になったら中止ということで妊娠8ヶ月のお腹で何事も起きぬようギリギリまで勤務して飛行機でしか行けない遠い私の実家で挙げました。マタニティフォトっぽいロケーションフォトも海で撮れてマタニティならではの結婚式ができました。

 

産休前の勤務は残すところあと3日。

 

昨日は送別会も開いてもらっていよいよという感じがしているところです。

 

実家に帰る前に残りの年休消化するために、夏期休暇に足して2日間休みを取りました。

その日に「アスリートフードマイスター」という資格を取るための講座を受けて来ました。

この資格は通学もしくはDVDで講座を受けた人のみ受験資格が得られます。

私は性格上、DVDで自宅独学はできないなと思ったので・・(~_~;)通学で学びたいなーと思ってました。

 

ですが開講が平日が多く、平日仕事の私はなかなか参加できませんでした。

その平日開催ということと、高額な受講料68000円が邪魔をしてなかなか受講するに踏み切れてなかったのですが・・

今年から主人が実業団でスポーツをすることになったということもあって思い切って受講しました!

 

一番はやはり、赤ちゃんが生まれたらこんな勉強してるどころではないなということが大きかったです。。(^-^;

前々から学びたいな!と思ってたことは今やろう!と。元々今しかできないことをして生きてたい性分なので。

 

あとはー、、お腹の子の性別が男の子っていうのも大きかったです。

スポーツをさせたくてずっと男の子が欲しく、念願叶って男の子を授かれたので、母として息子がスポーツを始めた時に良い食事を作ってサポートしてあげたいなと思いました。

 

今日はそのアスリートフードマイスターの試験でした。

閑散期が終わって今週から本格的にいつもの仕事が始まって、休みボケや休み中に大きくなったお腹をひきづりながらお腹を張らせて仕事をしていました。

なので試験のための事前学習は試験当日である本日の朝2時間のみ!でした。(^◇^;)

 

合格率が8割超えてることを知ってたのもあってこの準備期間の短さなのですが・・手応えはまずまず。

わからない問題もあったけど、合格基準はギリギリ超えてるのではないかなーといったところです。

 

ここで落ちてしまうと、また68000円払って再受験しないといけないので・・落ちてたら資格は取らずもらったテキストを駆使して今後のお料理に活かしたいこうと思います。。(^-^;

 

せっかく受けたし、アスリートフードマイスター持ってます!と言いたいし!

日本は特に資格がものをいう世界ですからね。受かってるといいなー

 

 

帰りはあと2週間で主人の誕生日なので、試験会場が都心だったこともあり2時間ほどプレゼント探しをしてました。

夏休み中に一気にお腹が育ちまして…歩くのも一苦労。立ってるだけで股関節が痛くなってくる… 30分ほど歩くとお腹が張ってきてシクシクする・・またこの暑さも災いして。かなり生活しづらいです。

セグウェイに乗って生活したい・・!!!

 

あまり歩かないのも体が退化して、出産の時苦労しそうなのでお腹張らせない程度に歩こうと思います。

最近毎日仕事の帰りにお腹の張りとみぞおちの痛みがあってしんどいです。

 

夏の妊婦は大変ですねー

とりあえず残り3日の勤務、無理しすぎず頑張ります。

 

 

 

 

出産準備品購入

 

 

車を持ってないので、出産準備品の買い出しも一苦労。

 

今はネットという手段がありますが、現物見て買いたい主義の私。

三連休を利用して実家から妹が遊びにきてたのでレンタカーして買いに行きました!

 

以下が、購入したものたちです★

・粉ミルク

完全母乳で育てる予定ですが、初産なのでおっぱいの出が悪いことも考えてひとまず1缶購入しました。

 

・哺乳瓶

こちらも。おっぱいの出が悪かった時のために。

 

・哺乳瓶用消毒剤

・哺乳瓶用消毒ケース

ミルトンしか知らなかったので、他のより割高でしたがケースと消毒がセットのものを買いました。代用できるケースがあれば要らないそうですが、赤ちゃんのものだから衛生面考えると新品のものを使いたくて。哺乳瓶使わなくてもその他のものの消毒に使えるかなーと思って買いました。

 

・ベビー綿棒

へその緒の消毒に早速使うということで乳液つきの30本入りくらいのものを買いました。200ぐらい入ってる大容量のものはそんなに使わないという口コミが多くあったので、割高だけど乳液つきのを。

 

・赤ちゃん用ハサミ

生まれてすぐに意外と爪が生えてるとブログで知り、、!その爪で自分引っ掻いたりしちゃったら・・!と思い、買いました。

 

・短肌着

・コンビ肌着

各5枚の10枚セットがあったのでそちらを買いました。肌荒れしやすかったらどうしようとも思いましたが、すぐに大きくなって使えなくなるなら、セット売りのもので良いかなぁと。

秋終わりかけの冬生まれになるのであったかい冬素材がいいかと思いましたが、今夏だからかお店に置いてなかったので通年使用できるというものにしました。

 

・紙おむつ

パンパースなら間違い無いかなと2パック新生児用を購入。「パンパースは漏れない」と妹の友達のままも言ってたらしい。

 

・おしりふき

5パック入ってるトイレに流せるというものを買いました。乳液つきでウンチを拭き取りやすいものと迷いましたが、ウンチつきのおしりふきのゴミで臭いが充満するのを避けることを優先すべきでは?という妹の勧めで。(妹はもちろんまだまだ育児未経験ですが)

未経験同士で知恵を絞りあって買うのはなんだか楽しかったです。

 

・おねしょシーツ

布団が汚れるのを防ぐために必要かなと思い、購入。

 

・産褥パッド

夜用の生理用品がだいぶ余ってたので迷いましたがひとまず人パック買いました。

 

・産褥ショーツ

西松屋の3個入りのものを購入

 

・円座クッション

会陰の傷が痛むということや、産前もお尻が大きくなってきてからデスクに座るのが辛くなってきたので、職場でも使えるかと購入。

 

・ペットボトル用ストロー

立会いの時旦那に頼んで水分飲ませてもらう時用に1つ。

 

【買ったほうがいいらしいけど買わなかったものたち】

・母乳パッド

買ったほうがいいみたいですが産院でもらえるもののうちの1つだったので、とりあえず買いませんでした。

 

・授乳ブラ

こちらも二人お子さんがいる友人から「ユニクロのワイヤレスブラをずり上げて使えば問題ないよ〜」と聞いてたので買いませんでした。

 

・馬油

初めての授乳で触れたり、マッサージされて裂けたときにあるといいそう!

元々、妊娠線予防として馬油をヌリヌリしてたのですでに持ってるということで買わず。

 

・哺乳瓶用ブラシ

西松屋で買うより100均のほうが安いだろうと思い買いませんでした。

 

・ベビーバス

譲ってもらったものがあるので買いませんでした。

 

・湯温計

産後1ヶ月経てば大人と同じお風呂に入れるということで、1ヶ月のために買うのは気後れしてしまい一旦保留しました。

 

・洗面器

100均や3COINSに安くありそうなので西松屋では買わず。

 

・ベビーせっけん

・沐浴剤

・ベビーシャンプー

石鹸は大人と同じのでも大丈夫というブログを見つけたので買いませんでした。本当のところはどうなのかなぁ。自分が産むとこの助産師さんにも相談して決めようと思います!

 

・バスタオルなどタオル類

赤ちゃんに優しい生地でかつコスパが良いものを調べてから買いたかったので今回はひとまず買わず。私たちが使ってるタオルだと目が荒くて、肌荒れしたりするのかな・・?

 

・体温計

大人用があれば要らないというブログを見つけたので買わず。

 

・鼻水吸い器

実はすでに家にありまして・・夫の鼻風邪がひどいときに一度使用しました。

ミルトンや煮沸で消毒すれば赤ちゃんに使っても良いかなと思って買わず。不衛生かなぁ…

 

・ベビーローション

・ベビーオイル

馬油は赤ちゃんにも使えるよ!ということで自分の保湿にも使ってるので、こちらも馬油で代用するつもりなので買わず。

 

・カバーオール、ロンパース

・おくるみ

頂いたものの中にカバーオールはあったと思うので買わず。帰ったら確認しよう・・

 

・スタイ

産後すぐは使わないということや、最近結婚祝いでかなり高級なメーカーのものを頂いたので買わず。

 

・防寒着

シーズン的に売ってないことはもちろん、派手なトラちゃんの高級なつなぎのダウンジャケットを頂いたので買いませんでした。

 

・帽子

お出かけできるようになってからでいいかなとひとまず買わず。

 

・オムツ用ゴミ箱

生後間もない赤ちゃんのオムツは臭わないそうで、一旦購入を見送りました。

 

・ベビー布団

3人で布団に寝ようと話しており、家もそんなに広くないので買いませんでした。

 

・靴下

頂き物2足あるのでひとまず保留。

 

・スリング、横抱き抱っこ紐

いただいたので買わず。

 

・オムツポーチ

・マザーズバッグ

口コミ見て吟味して買いたかったので欲しいが保留。

 

・授乳服

授乳用ケープあればいらないかなと買わず。

 

 

買い足すことはネットでもできるけど、買ったものを返品することは難しいということで、必要最低限なものだけと思ってこれだけ準備しました。

 

どうなのかなあ、これでいいのかな